本文へ移動

おぼえがき

おぼえがき

有機JAS(その二)

2018-10-29
 行程管理は工程管理ではないのですか?とよく聞かれます。原料の受入から加工、製品の出荷までを途切れることなく記録し管理する、すなわち繋がり道筋を重視するため「行程」と表記します。認証審査を申請するためには、これを具体的に文書化することが要求されるわけです。行程の段階ごとに順を追ってチャート化してゆくのですが、協業工場は非有機品の生産が主体になっている関係で生産品目切替え時の清掃範囲手順と送液パイプ内の十分な押し出し量が記載の鍵となります。その他有機性を損なう恐れがある箇所の洗い出しを徹底します。実際の生産時にはそれぞれの段階で詳細な記録が義務付けられます。
使用する原材料にも有機JAS認証が必要なことは言うまでもありません。
 一連の行程管理は第一に有機性を担保するためです。そしてもう一つにはトレーサビリティを確保するためでもあるのです。
大野醤油醸造協業組合
石川県金沢市大野町4丁目甲18-6
TEL.076-268-1301
FAX.076-268-1302
TOPへ戻る