本文へ移動

おぼえがき

おぼえがき

RSS(別ウィンドウで開きます) 

第四回全国醤油サミット(その二)

2018-10-15
 二日目、エクスカーションという耳慣れない行事が催されます。産地の現状視察ではあるものの、そこは同業者同士によるものですから積極的な意見交換がなされる場として初日に劣らぬ位置づけがされています。
 午前中、参加者は遠来組60名が2台のバスに分乗して時間差で大野町を巡ります。
組合工場の見学では理事長の歓迎挨拶のほか通常は正月の出初式で披露される大野町消防分団による加賀鳶の演技でお出迎え。築四十年の工場にしては手入れが行き届いているとのお褒めを多数いただきました。またこの日は大野町の「こまちなみフェスタ」も共催されており、町内散策では歴史的背景に加え活気ある雰囲気をお伝えできたかと感じます。
 午後からは近江町市場での昼食をはさみ金沢城公園・兼六園そして東茶屋街の散策と城下町を堪能され金沢駅で解散となりました。
今度は「かがやき」でお越しください。

第四回全国醤油サミット(その一)

2018-10-09
 2010年10月23・24日の両日、金沢市主催で大野町と大野醤油醸造協業組合が全面協力して一大イベントが開催されました。当時の金沢市長の肝入と言っていいほど大野醤油への力の入り具合に関係者一同一丸となって取り組んだことが思い出されます。
 初日、北陸三県はもとより全国から多数の会員が金沢駅前のホテルに集い午後一時半から総会が催され、次に産地のアッピールとして大野町小学校六年生によるマイ醤油造りの成果発表がありました。大野町小学校では毎年五年生になると協業工場見学の後数班に分かれ、原料処理から始まるミニ醤油醸造を行い、六年生で搾り火入れ瓶詰そして命名となります。内容の濃さもさることながら、児童のひとりが会員に向けて商標権を売り込むなどして大いに喝采を浴びました。
 その後記念トーク、レセプションと移り、最後に次回開催の銚子市へバトンならぬ櫂が渡されました。

全国醤油サミット

2018-10-03
 おらが自慢のナニカニを見ておくれとばかり、昨今はご当地サミットが花盛りの様子。ご多分に漏れず醤油業界でも国会議員有志の旗振りに先導され実施の運びとなりました。日本人には自他ともに認める醤油好きがなんと多いことか。
正式名称は「全国醤油産地市町村協議会」と言い、産地を抱える自治体が持ち回りで誘致開催することになっています。
 第一回の和歌山県湯浅(発祥地)を皮切りに第二回・香川県小豆島(木桶濃口)第三回・愛知県武豊(たまり)第四回・石川県金沢大野(うまくち)と毎年開催されました。ところが手を挙げる自治体に限りがあることもあり次回からは二年置きとなりました。第五回・千葉県銚子(関東濃口)第六回・兵庫県龍野(淡口)第七回・愛知県碧南(白)といずれ劣らぬ特徴を有する名産地ばかりです。
日本全国醤油産地行脚と呼んだ方がふさわしいかもしれませんね。

地域団体商標「大野醤油」

2018-09-27
 言うは易し行うは難しの典型のひとつにブランド化が挙げられます。
永らく「地名」と「普通名称」の組み合わせは商標登録不可とされてきましたが、外国における権利侵害への防衛と積極的には地域産品の活性化を図ることを目的に、平成18年4月「地域団体商標制度」が施行されました。さっそくに石川県関係部署から推奨をいただき「大野醤油」の商標出願をしたのですが、なんと不許可。
他地域の産品との差異、歴史的経緯、名称使用実態、地域における客観的認知度、これに加えて他地域に及ぶ出荷実績を詳細に整えあらためて上伸したところ、平成19年4月めでたく登録の運びとなりました。指定商品は「石川県金沢市大野町産の醤油」です。
産地の面目躍如となったことは勿論、醤油産地の中では初でしたので、理事長は全国醤油組合連合会における講演を依頼されました。
名称の使用許可は石川大野醤油協同組合まで

ネクストフーズいしかわ2004

2018-09-26

 三年ごとに開催計画の第二回目への出展となりました。前回の展示試食会形式から今回は展示即売会へと方向転換し各ブースの意気込みが違います。大野醤油組合は単独での出展で目玉はもちろん「大野紫」です。試食は紅葉かまぼこでパネルも多数用意しました。何よりこの日のために大野紫の文字を背負い青海波を裾にあしらった法被を新調するなど気合満点で臨んだのです。

大野醤油伝説の味は来場者に評価され高級感溢れる意匠も手伝い午前中から売れ行き好調で推移し成果に手ごたえを感じていたのですが、なんと異変?は午後からやってきたのです。当時ラジオの人気番組で「出前コマーシャル」というコーナーがあり、むらさき会会長が会場で生出演、大野紫の伝説とその類いまれなる味を強烈に(5分の約束が14分かかったのはご愛嬌)アッピールしたところ聴取者が殺到しあれよあれよという間に200本が完売したのです。

大野醤油醸造協業組合
石川県金沢市大野町4丁目甲18-6
TEL.076-268-1301
FAX.076-268-1302
TOPへ戻る